経済メリット
3.7kwシステムを設置した場合、東京都では年間予測約3.810kwの電力を発電します。これによって一般家庭の年間CO2排出量(約1.980kg-CO2)の60%以上にあたる約1.198kg-CO2を削減できます。石油消費量に換算すると、年間約48缶分(18g缶)を節約できることになります。
※1: 平成18年度版JPEA表示に関する業界自主ルールに基づき、一般家庭の消費電力量における年間CO2排出量は、0.36kg-CO2/kWh×5,500kWh/年(年間消費電力量)とし、太陽光発電システムのCO2削減効果は、0.3145kg-CO2/kWh×3,810kWh/年(年間予測発電量)とする。
※2: 3.7kWシステムを設置した場合の当社シミュレーション値(東京都)
※3: 平成18年度版JPEA表示に関する業界自主ルールに基づき1kWhあたり0.227Lにて算出。
●給湯負荷は、4人家族で460?容量給湯器を使用した場合を想定。 ●「現在」の給湯・厨房は、都市ガスを熱源とする。 ●太陽光発電システムの発電量は、三菱電機株式会社シミュレーション値3,810kWh(東京都)。南向き、屋根傾斜角30°。●電気料金は、2006年11月1日現在の東京電力の単価(燃料調整額は除く)。 ●年間消費電力量は、5,500kWh/年とする。((財)省エネルギーセンターホームページデータ)●都市ガス料金は、ガス事業便覧(平成17年版)社団法人日本ガス協会のものを使用。
※5: 都市ガス・電気併用との比較。
※6: 時間帯別電灯契約の場合。詳しくは、お近くの当社にお問い合わせください。
※7: 従量電灯契約と時間帯別電灯契約を比較した場合。詳しくはお近くの当社にお問い合わせください。
さらに発電し余った電気は自動的に電力会社に売却でき、発電できない夜は購入することができます。
オール電化でさらにおトクな年間光熱費
詳しくは三菱電機のホームページをご覧ください。
三菱電機ホームページ http://www.mitsubishielectric.co.jp/
三菱電機 三菱太陽光発電システム http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/